撥水のれんのメリットについて考える

店舗で使うなら撥水のれんがおすすめ

のれんを長持ちさせるために店舗で利用するのれんは、お客様の目を引く宣伝看板の役割も果たします。
そのため、デザインなどに特にこだわりたくなるものですが
毎日外で活用するという事から機能性を考えて選ぶ必要があります。

「のれん」作りをしている専門店や職人も存在します

場合によってはお店の外で風雨にさらされることになります。
そのようなときに濡れて使い物にならなくなってしまったり、色がにじんで
きたなくなってしまうようでは使いにくいでしょう。

濡れてしまった状態でお客様にくぐってもらうと、お客様を濡らしてしまう恐れもあります。

また、多くの方がくぐることになるので汚れやすいのも悩みどころです。
昔からのれんが汚れている店は美味しい店が多いとも言われますが、
衛生面が問われるようになった現在では、あまり汚い見た目になると
逆効果になってしまいます。

人によってはのれんというものが馴染みのない

汚れにくく、丈夫で雨にも強いものを選んでいく必要があります。

そのため、のれんを選ぶ際には撥水加工のされたのれんを選ぶという事も一つのポイントとなってきます。
撥水加工がされていれば、表面で水をはじき中に浸透させないので、濡れてもすぐに乾いて使いやすいものです。

濡れることによる劣化などについても防ぐことができるので、長持ちしやすくなります。
作る時のコストは少々高くなりますが、それ以上の価値があるということができるでしょう。

さらに、表面で水をはじくだけではなく汚れも付きにくくなるので、汚れて不衛生な印象を
与えるという事も防ぐことができるようになります。

お店の外で、また多くの人が接して使うものだからこそ、撥水のれんを選んでいくメリットが大きくなるといえるでしょう。
撥水のれんでも、デザインは自由に選ぶことができますから、通常ののれんと同じようにお店のイメージに合わせて選べます。
店舗名やロゴを入れることもできるので、お店をより魅力的に見せてくれるアイテムとなるはずです。

ぜひ、お店にぴったりの使いやすい撥水のれんを制作し、利用していくようにしましょう。

 

食品衛生法について|改正に際して制度化されたHACCPとは

食品衛生法は食品を清潔で衛生的に保ち、安全が確保されていない不衛生な食品の販売や配布を禁止して消費者が安心して食品などを口に出来る様に様々な規制があります。

2018年の改正でHACCPの制度や規制強化・食品リコールの見直しがあり、少子高齢化や家族構成の変化・食に対する意識などグローバル化への対応やインバウンドも影響しています。
具体的には国や都道府県が食中毒拡大防止の為に連携して広域連携協議会を設置した対応をします。

原則HACCPに沿って事業者や食中毒汚染感染や異物混入の危害要因を把握して、原材料の入荷から製品の出荷まで製品の安全性を確保していきます。
サプリメントの健康被害の相談も増加しているので、対象の健康食品の中で特別の注意を必要とする厚生労働大臣が指定した含有する成分が含まれているもので、万が一体に不具合が生じた場合には健康被害情報の届出が義務化になります。

それ以外にも従来の食品用器具や包装の材料を安全性が評価された物質でなければ、使用できない仕組みも導入されています。
すでに欧米などでは導入されていて日本も国際基準に合わせる形になり、今後は輸入品に使われる容器包装が問題になっていきそうです。